肥満男性の写真

中性脂肪、LDLコレステロールなど、基準値に収まらない方は要注意!あなたの健康は、あなただけの問題ではありません。自分のため、周りの人のためにも今すぐ肥満を治療しましょう!

過度な肥満は命をも奪う危険があります!

肥満になると色々な病気を引き起こしやすくなり、死亡率も高くなります。ある保険相互会社の調査によると、1972年(昭和47年)~1982年の間に保険契約をした15~69歳の372万人のうちの死亡者2万8600人の性別、年齢、肥満度別に脂肪分析を行ったところ、肥満が短命につながっているという結果が明らかになりました。男性の15~39歳の群の肥満度+35%は死亡率が145%を示しており、女性でも同様の結果になりました。
また、高血圧や高脂血症、糖尿病、脳血管障害、心臓病、肝硬変などや、女性の場合には子宮がんや乳がんなどにつながるケースもあります。この様に、万病の元凶と言っても過言ではないほど多くの病気を引き起こします。
また一つの症状だけでなく、高血圧や糖尿病が相互作用を引き起こすことで、狭心症や心筋梗塞などの虚血性疾患が起こりやすくなったりもします。
肥満になると、高血圧になる確率が肥満でない人に比べ、2~3倍も高まり、内臓脂肪が多い人ほど血圧が高くなる傾向にあります。子宮がんや乳がんなどもになる比率も、肥満でない人と比べると高くなることも判明しています。
また、体重が増加すればするほど心臓への負担が増え、心臓そのものに脂肪が溜まってしまい、冠動脈の硬化、心筋梗塞、狭心症を誘発しやすくなったり、脳梗塞などの病気がおこりやすくなったりもして、突然死を起こす危険性も非常に高くなります。助かった後も障害が残ったりして、日常生活にも大きな障害をもたらす場合もあります。糖尿病になると、視力低下などがあらわれ、失明してしまったり、慢性腎不全になって人工透析を受けることが必要になる場合もあるのです。以上のように、肥満は様々な病気を引き起こし、さらには命をも奪う危険があるのです。